So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

芭蕉を聴く [ハーモニーな活動]

私達夫婦お気に入りの地元のカフェで
月1回、夜に朗読会が開かれていました。
昨年から、ずっと出たいと思っていたのに
なかなか日程が合わなかったのですが
先日、ようやく参加することができました。

うす灯りの中、
感じのいいご夫婦が1組、また1組とお店に入ってきます。
観客はお店の人を含めわずか12名。
なんとも贅沢です。

ちょっとした羽織物に着替えられた朗読の先生が
すーっと入ってきて、語り始めます。
その場のなんとも言えない豊かさに心踊りながら、私は座っていました。

その日の朗読のテーマは「芭蕉」。
(先生は芭蕉については40年のおつきあいだそうです。)
俳句はもちろん、弟子との連句や晩年の生活についてなど
1時間20分、あっという間でした。

その後は、先生を囲みながら
赤ワインとパンにナッツという、なんとも大人っぽい雰囲気で
座談会となりました。

芭蕉について調べてきている参加者の方々は
様々な質問をして、先生から色々な話を引き出してくれました。
その中で特に心に残ったのは
芭蕉が晩年にたどり着いた「軽み」の境地。

旅を続け、たくさんの経験を重ねた芭蕉は
最後に「宇宙の流れ(意思)」を受け止め
「自然を感じながら」生きることを大切にしていったそうです。

芭蕉は、俳句でそれを表現しているのだ
との先生の話に、芭蕉の偉大さを感じました。

とはいえ、私は芭蕉について深く知っているわけではないので
俳句の中身も、その深さも、その場すべては分かりません。
ただ、先生の流れるような語りに耳を傾けていただけでした。

ところが、朗読も後半にさしかかった頃
「幻住庵記」という、芭蕉の随筆のような文章の朗読が始まったときに
私の頭上から、言葉が音楽のように降ってくるのを感じたのです。
言葉が、次から次へと身体の中に滲み込んでくるのです。

文章の内容や意味など、ほとんど分からないのですが
ただ言葉だけが、キラキラと身体に滲み込み、胸に響きます。

そのことを、後で先生にお話ししたところ
この文章は、芭蕉が4回も推敲を重ねたもので
研究者の中には
この文章の内容はそれほどたいしたものではないと
言った者もいるようだが
この「幻住庵記」は声に出してこそ、
初めてその言霊が心に滲み込むものであり
だからこそ、4回も推敲を重ねたのです
と断言されていました。

言葉の意味以上に、その言葉を音にしたときの「波動」
それが宇宙と共鳴する波動なのだということを
この朗読会では全身に感じさせてもらいました。
(聖書に出てくる「はじめに言葉があった」というのも
 この波動のことなのでしょうか・・・。)

読経やマントラ、歌に祈り・・・
すべてはこれらの波動が響きあい、魂に届くのではないか。
そんなことを感じました。

先生は、この朗読の会に出られる際には
1週間も前から心身を清め、整えて臨まれるのだと聞きました。
今回、私が全身で感じた言霊や波動は
読み手が心身を整え、
鍛錬を積み重ねたからこその賜物なのだということを
先生の朗読を通して教えられた気がします。

by:ゆ

 


青いガラスがダイヤだと気づく日 [気づき]

先日開催した対話の会「ハーモニー・カフェ」の振り返りを行いました。
そこで気づいたことについて書いてみたいと思います。

前回のブログで
参加者の方々のお話を聴いていて
みんな心の中に、傷つきやすい
何か青いようなものを持っているように感じだと書きました。

そこで、こんなことを考えてみました。

その青いものは
とっても壊れやすいガラス玉のようなもので
もしそれを人前でオープンにしてしまえば
誰かから傷つけられ、壊されてしまうと
誰もが思っています。

だから、社会に適応して生きていくためには
その青いガラス玉は隠しておいたほうが安全だと
みんな、心の外側にバリアを張っていきます。

そして普段は、それが壊されないように
バリアの中に篭ったり
反対に誰かを攻撃したりして、何とか守ろうとします。

どんなに表面的には強そうに見えたとしても
心の中は、いつも怖くてビクビク怯えています。

こんな人達が、いくらお互いにつながろうとしても
表面的なつながりしか作れません。

でも、もしあるとき全ての人が
「これをオープンにしても、傷つけられることなんてない」
ということに気づいたとしたら、どうなるでしょうか?

守るためのバリアを張る必要がないと気づいて
それを一斉に手放したとしたら、どうなるでしょう?

心の中にある最も純粋な、愛すべきものを差し出して
それをお互いに認め合い、そこからつながり合えれば
誰かを攻撃する必要もなく、また誰かに奪われたり
壊されることに怯えることもないんじゃないでしょうか。

私達は本質的に同じものを持っていて
ただそれを認め合い、そのままでつながり合えば
もう誰も傷つけたり、傷つけられたりすることもなくなるんじゃないでしょうか。

そして、世界中の人々すべてがそのことに気がつくとき
この世から争いは消え、そこには認め合い、与え合う
新しい世界が生まれる、そんな気がしています。

これからの社会は、今まで社会に適合するためにひた隠しにし
守ってきた純粋な自分の中のコアな部分を
お互いに尊重し、そこからつながりあう社会になっていくのでは
そう思いました。

こんな話は絵空事だと言う人もいるでしょうが
きっとこれは本当のことで
誰しもが心の奥底では願っている、分かっていることのように思います。

本質を見えなくしている曇りを拭い去り
頭の中を巡っている恐れを取り払うことができれば
そこには穏やかで平和な世界が広がる、そんなイメージが湧いています。

そのとき、みんな気づくのです。
壊れやすいガラス玉だと思っていた青いものは
実は青く光輝く、ダイヤだったといういことに。

しかも、そのダイヤはひとつとして違うものはなく
全く同じものをみんなが持っているのです。

心の奥から表に出されたダイヤは
まばゆい光で輝き出し
世界中が驚くほどの光で包まれることでしょう。

そんな世界が来ることを確信しながら
これからの活動や日々の暮らしを送っていきたい
そう考えています。

なんとなく、自分達の進んでいきたい方向が
見えてきたかもしれません。

by:の


第1回ハーモニーカフェ、開催しました [イベント・WS]

ウィ・ハーモニー初のオリジナル企画である
対話の会「ハーモニー・カフェ」第1回目が
11月23日(祝)、金沢文庫のカフェ・まーるさんで行われました。

前夜からの雨もあがり、気持ちよく晴れ上がった空の下
まーるさんの店内には太陽がさんさんと降り注ぎ
エアコンもつけていないのに、窓を開けたいくらい暖かでした。

今回はお店を貸切にしていただけたので
いつもまーるさんで展示していた
カラーマット入りの写真をたくさん飾り
飲み物とお菓子、そしてこの日のために用意したBGMを流して
参加者の方をお迎えしました。

急に開催を決めたこともあり
告知期間が短かかったので
参加者は全部で6名と、こじんまりした形にはなりましたが
それはそれで、とてもいい雰囲気でした。

まずはじめに、とっかかりとして
「調和」という言葉からイメージできるキーワードを出し
そこから、思い思いに話しをしてもらいました。

じっとお話しを聞いていると
みなさん、ひとりひとりがそれぞれ何かしらの痛みを持っていて
それとなんとか折り合いをつけながら
今の現実を生きていらっしゃるのだなと感じました。

私には、それぞれが心の中に、
青色っぽい何かを持っているように感じました。
ひとりひとり、見える大きさは違うけれど、
これはきっと、みんな同じものなんだなと思いました。

後半は、更にリラックスした雰囲気の中
気軽なおしゃべりや情報交換、そして告知タイムとしました。
みなさん、いろんなところからいらっしゃっているので
そうやって交流する時間も大事だなと思いました。

とりあえず今回は、やってみるということが一番でした。
終わってみて、今後どうやっていったらいいのかも見えてきましたので
もっともっと改善していって
たくさんの方々に、「来てよかった」、「また来たい」
と思ってもらえるような会にしていきたいです。

参加者の皆さん、会場を貸していただいたまーるさん
そして直接・間接的に応援してくれた全ての方々に感謝いたします。

近いうちに第2回目を開催する予定ですので
お楽しみに!


「調和」について語ろう! 対話の会「ハーモニー・カフェ」へのお誘い [イベント・WS]

この度、私達ウィ・ハーモニーのオリジナル企画を始めることにしました。
その記念すべき第一弾は、対話の会「ハーモニー・カフェ」です。

お茶を飲みながら、自由でリラックスした雰囲気の中
「調和して生きる」をコア・テーマとして、皆さんと対話したいと思います。

周りの人達と調和する、自然と調和する、自分の身体と調和する、自分のココロと調和する
などなど、色々なものと調和していくことが考えられるかと思います。
毎回、テーマを変えて、いろんな角度から
「調和して生きるには」ということについて考えていければと思っています。

早速、第1回目の開催日を決定いたしました。

<<第1回 ハーモニー・カフェ>>

 期日:2010年11月23日(祝) 午後1時~4時
 場所:カフェ・まーる
      横浜市金沢区泥亀1-17-20 文庫太平ビル1C
      (京浜急行「金沢文庫駅」下車徒歩約7分)
 参加費用:1,000円(飲み物・お菓子付)
 テーマ:「あなたにとって”調和”って何?」

場所は、私(のりお)の写真をよく飾っていただいている
金沢文庫駅近くのカフェ・まーるさんです。
この日はお店はお休みなのですが、そのスペースを貸していただけることとなりました。
(お休みなので、私の写真も展示するかもしれません)

第1回目のテーマは
「あなたにとって”調和”って何?」です。
みなさんの中にある”調和”のイメージや
”調和して生きる”という言葉から連想される思いなどを
ざっくばらんに語り合えればと思います。

ちなみに対話とは、何かを議論して、一定の結論を出すことを目指すものではなく
参加者それぞれがご自分で感じたことをただただ語り
周りの人はそれをしっかりと聴きあう、そんなやり方です。

急に期日を決めたので、あと1週間ほどしかありませんが
とりあえず、少人数でもいいから始めてしまおうと思って
設定させていただきました。

とにもかくにも
なごやかに、ご自分のことを話せるような会にしたいと思っていますので
よろしくお願いいたします。

もしご興味とお時間が許す方、いらっしゃいましたら
こちらのフォームからお申込み下さい。


思いが培う神宮の森の場の力 [ハーモニーな活動]

半年振りに明治神宮に行ってきました。

いつも思うことですが、本当に立派な木が多いですね。
ここの森が人工林だということは意外と知られていないけれど
たとえはじめは人工林だったにせよ
いまや十二分に立派な自然の森の佇まいを見せています。

実はこれには裏話があって
最初に木を植える際に、時の総理大臣であった大隈重信が
東照宮や伊勢神宮のような針葉樹を植えるよう指示したのだけれど
当時の森を作る人達が、この土地に針葉樹を植えてもうまく育たないので
将来的に大きな森とするには照葉樹を植えるべきと
強硬に反対したのだそうです。

そのとき、大隈重信の言葉に素直に従っていたら
今のような立派な森にはなっていなかったそうです。

ですから、当時神宮の森を作った人達の強い思いが
今のこの都会のど真ん中に忽然と存在する、力強い森を作ったといえます。
その先見の明と、森づくりへの思いには
尊敬の念を覚えずにはいられません。

ただ、今の森から感じられる清らかなパワーには
それ以外のさらに多くの思いが関わっているようにも感じました。
それは、この森を今まで守り続けてきた多くの人達の思いの力です。

現在も、この広大な森や庭を手入れするために
多くの方々が汗を流されています。
その方達の真摯な思いが積み重なってきたからこそ
これだけの場の力が生まれているのだろうと思うのです。

神宮の森は、多くの木々と多くの人々の思いが調和することで
人工林から、大きなパワーを持った自然林へと成長していったのでしょう。

私たちも、これから活動していくにあたり
いろんな方たちの思いが調和することで生まれる
素敵な場を作っていけたらと思っています。

by の


心の平和を持ちながら生きるには [学び]

先日、ファーストピースサークルというワークショップに参加してきました。

このワークショップは、一言で言うと
「心の平和」をいつも感じながら生きることを
古代マヤ文明と、ネイティブ・アメリカンの智慧から学ぶ、というものです。

これまでも、色々な方法で生き方を学んできましたが
実際の生活を送っていると、突然様々な出来事が起こり、
そこで不安になったり、動揺したり、と心が乱れることがありました。

「人間だからそれでいいんだ」と思い、自分を許すことも大事ですが
それを超えて、いつでも、どんな時でも
心の平和を築いていられたら素晴らしいだろうな、と思うのです。

日々、どうやってそれらを訓練していけばいいのか
このワークショップでは、それを先人の智慧から学ぶことが出来ます。

まだ、学び始めたばかりですが
今後、自分なりに体現していけたらいいなと思いました。

そして、日本人としては
古代マヤ文明やネイティブ・アメリカンの智慧とともに
日本古来から伝わる智慧なども
行く行くはあわせてみたいものだと、密かに思っていたりもします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

まずは自分からはじめよう! [思うこと]

ずっと書こう、書こうと思っていたこのブログ。
今度こそは・・・という決意で書きはじめたいと思います。

今日、ツイッターで栗城史多さんという登山家の方の
つぶやきが目に留まりました。
そこには短く「世界を変える前にまず自分が変わらないと」
と書かれていました。

私たち夫婦も、最近「まずは自分の足元から」
という思いを強く持っています。
「この世界を良くしたい」とむやみに外に向かうのではなく
まずは自分自身のこと、自分たちの足元や周りから
見直し、変えるところは変えていく。
そんな風に動いていきたいと思っています。

近いうちに、そんな動きのひとつを
お知らせできるかと思います。

今度こそ、続けていきますね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。